飴耳でイヤホンが汚れる…オススメのイヤホンと対策法を紹介

drought-860481_640

 

イヤホンをつけて音楽を聴いたあとイヤホンを外すと湿った耳垢が出てくることはありませんか?

 

イヤホンに付いた耳垢は汚いし、見た目も悪いし、友達に見られたら恥ずかしいですよね。

 

今回はそんな飴耳でいや本が汚れるから悩んでいる方のためにオススメのイヤホンと耳垢が着いた時の対策法を紹介します。

スポンサードリンク

飴耳とは

耳の中にはアポクリン腺という皮脂が出るところがあります。

 

このアポクリン腺が多いと湿ってベッタリとした耳垢になります。

 

湿った耳垢は遺伝性で、日本人の15%は湿っているという統計が出ています。

 

ねっとりとした耳垢でやや色味が強く、匂いがきつい物が飴耳です。

 

イヤホンを耳に当てる部分が脂っぽく、匂いを嗅ぐと油の匂いがする場合が多いです。

 

飴耳の方のオススメのイヤホン

耳の中に入れるタイプのカナル型を使うと飴耳の方はべったり付いてしまうので、イヤホンそのものを変えてみましょう。

 

オススメのイヤホンは以下になります。

 

インナーイヤー型イヤホン

インナーイヤー型のイヤホンは耳の穴に軽く引っ掛ける形のものです。

 

着脱が楽にできますが、音漏れがしやすいというデメリットがあります。

 

インナーイヤー型は耳に軽く入れるのでホコリや小さな粉っぽい耳垢がつくことがあります。

 

気になる方はイヤパッドも部分に100均で売っているスポンジのイヤパッドを被せたりするのがいいでしょう。

 

汚れたら即交換できるのでクリーニングしやしいです。

 

ヘッドホン型イヤホン

ヘッドホン型は耳の中に装着しないため耳垢がつきません。

 

それに頭にハマるので装着がしやすいです。

 

しかし、持ち運びが面倒だったりヘアスタイルが乱れてしまうことがあります。

 

ヘッドホン型でも耳にかけるタイプのものがあります。

 

かぶるタイプのものでないのでヘアスタイルも乱れません。

 

デザイン的には少し奇異に思われるかもしれませんが、耳垢がつかないという点で割り切りましょう。

スポンサードリンク

どうしても耳の中に入れるカナル型を使いたい人の対策法

イヤホンをつける前に耳掃除をする

イヤホンを使う前にあらかじめ綿棒で耳掃除をして耳垢を取り除いておくとベタベタの耳垢がイヤホンにつきにくくなります。

 

イヤホンが耳に入るのは1cm程度ですので、耳の入口だけ軽くベタベタを取り除く程度で大丈夫です。

 

想像しているような奥まで綿棒を入れて掻き出す必要はありません。

 

耳かきの頻度が多くなるなら、その分力を入れすぎないようにしましょう。

 

軽く一回りするくらいで優しく行ってください。

 

しかし、耳掃除のしすぎはかえって耳を傷つけてしまう危険があります。

 

耳を傷つけた場所から最近が侵入して外耳炎になってしまう原因になりますので気をつけましょう。

 

 

また、イヤホンを使うと耳の中に湿気がこもりやすくなって、ますますベタベタが強くなる原因になります。

 

できるだけイヤホンを使う時間を減らすようにしたほうが良いでしょう。

 

イヤホンに付いた耳垢をそのままにしておくと、いや本そのものに耳垢がつまり、故障の原因になりますので必ず取り除くようにしてください。

カナル型のイヤーピースをはずして洗う

イヤーピースはシリコンのものが多いので外して洗うことできます。

 

機種に関係なく使用できます。

 

どうしてもカナル型を使いたい人はこまめにイヤーピースを洗うことで使用できると思います。

 

しかし、ノズルの網の部分が取れにくいことが多いですが取り除くことは難しいので、あまりに耳垢が溜まっているのでしたら交換しましょう。

 

まとめ

耳垢が湿っているのは生まれつきの体質によるものが大きいです。

 

しかし、食生活を見直したり、カナル型のイヤホンを使わないようにすることで耳に湿気がたまらないようにしてベタベタを抑えることができます。

 

またイヤホンをインナーイヤー型、ヘッドホン型にしたり、耳掃除をして耳をきれいにしていや本に耳垢がつかないように回避することもできます。

 

ベタベタのイヤホンを見られて人前で恥ずかしい思いをしないように、イヤホンも耳もこまめにお手入れしましょう。

 

【あなたにおすすめの記事】

  耳汁とは?薬はどうする?原因を追究!
  モスキート音が聞こえないのは病気?耳年齢老化原因と回復法
  耳の奥がズキンと痛い原因を3つ紹介!ストレスが関係?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ