鼻血はストレスで出る?止まらない場合どうする?

face-1013519_640

 

子どもの頃に、よく鼻血を出したという経験をお持ちの方は、多いのではないでしょうか。

 

大人になると、鼻血はあまり出なくなります。

 

ですから、突然鼻血が出ると、何か重大な病気になってしまったのでは?!と、慌ててしまいますよね。

 

もちろん、病気が隠れている可能性は否定できません。

 

でも、仕事や人間関係などの精神的疲れや、睡眠不足などの身体的ストレスを抱えていませんか?

 

鼻血は、ストレスでも出ることがあるのです。

 

ストレスと鼻血は、どのように関係しているのでしょうか?

 

鼻血が出てしまったら、どうしたらいいでしょうか?

 

鼻血がなかなか止まらない場合は、どうしたらいいでしょうか?

スポンサードリンク

ストレスが関係する鼻血はどのようなもの?

私たちの体は、ストレスを感じると、副腎からアドレナリンを分泌します。

 

アドレナリンは、抗ストレスホルモンの1つで、体をストレスから守ろうとする働きがあります。

 

アドレナリンの作用として、血圧を上昇させる、気管を拡張させる、心拍数を上げる、瞳孔を拡大させるなどがあります。

 

このアドレナリンが分泌される際に必要なのが、ビタミンCです。

 

ビタミンCは、粘膜の健康維持には欠かせない栄養素で、血管を強くしたり、傷の治癒にも役立ちます。

 

過度のストレスがかかり、アドレナリンが分泌され続けると、このビタミンCが不足してしまいます。

 

ビタミンCが不足すると、粘膜や血管は弱くなり、傷の治りも遅くなってしまうので、鼻血が出やすくなり、また、止まらなくなってしまうのです。

 

では、鼻血が出てしまったら、どうしたらいいでしょうか?

 

仕事などにも差し支えますから、一刻も早く止めたいですよね。

 

鼻血を早く止めるには、どうしたらいいでしょうか?

 

鼻血が出たらどうすればよい?鼻血が止まらない場合は?

子どもの頃に鼻血が出てしまった時、よくティッシュを鼻に詰めたり、首をたたいたり、上を向いたりしませんでしたか?

 

ですが、首をたたいたり、上を向くのはよくありません。

 

鼻血を飲んでしまったり、血液の匂いや味で気分が悪くなり、吐いてしまうこともあります。

 

また、大量の血液が喉に入って、呼吸困難を起こすことも考えられます。

 

ティッシュを詰めるのも、逆に粘膜を傷つけてしまう場合がありますので、おすすめできません。

 

正しい方法としては、静かに座り、やや下を向いて、ティッシュで鼻の穴を押さえて鼻血がたれないようにし、鼻の根元を、親指と人差し指で押さえることです。

 

 

これで、ほとんどの場合、10分以内に鼻血がおさまります

 

それでも止まらない時は、濡れタオルやアイスノンなどを使って、鼻や首を冷やしてみて下さい。

 

血管が収縮されることで、止まりやすくなります。

 

それでもなお、30分以上止まらないという場合には、医療機関を受診することをおすすめします。

 

その際は、どれくらいの時間、どれくらいの量の鼻血が出ているかを医師に伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク

危険な鼻血のサインは? 大人と子どもの鼻血の違い

子どもは、鼻血を出しやすいという印象があるかも知れません。

 

実際その通りで、子どもの鼻の粘膜は、大人に比べて弱いので、鼻血が出やすいのです。

 

指で鼻をほじってしまうこともよくありますので、余計に鼻血が出やすくなってしまいます。

 

大人の場合、ストレス以外の鼻血の原因としては、加齢やアレルギー性鼻炎で、鼻の粘膜が弱くなっていることも考えられます。

 

鼻の粘膜が弱くなっていると、くしゃみをしたり、鼻をかんだりといった刺激で鼻血が出ることがあります。

 

また、服用している薬の副作用という可能性も考えられます。

 

ただ、高血圧や動脈硬化なども鼻血の要因になりますし、白血病やガン、糖尿病といった重大な病気が隠れていることもありますから、単なる鼻血と考えてはいけません。注意が必要です。

 

 

ポタポタではなくダラダラと出る鼻血が止まらない、鼻血が頻繁に出る、あるいは頭痛をともなう、などの場合は、医療機関を受診するようにしましょう。

 

 

鼻血が出る前に、頭を強く打つなどした場合も、早急に受診が必要です。

 

鼻血が出ないようにするには?

まず、ストレスをためないようにすることです。

 

とはいえ、忙しい現代社会において、ストレスから逃れるのは無理だ、と感じるかも知れません。

 

そんな時は、入浴剤を利用してぬるめのお風呂にゆっくりつかる、枕や寝具を換えたり、好きな香りのアロマオイルを使うなどして、入浴や睡眠でちょっとした工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

また、軽い運動や好きなことをして、ストレスを発散するようにしましょう。

 

食品では、粘膜の強化に役立つビタミンCを摂取することが大切です。

 

野菜やフルーツなどで、積極的に摂取しましょう。

 

食生活が乱れがちな方は、サプリメントを利用するのもいいでしょう。

 

肉や魚、卵や豆類などのたんぱく質も、血管を強めてくれる作用があるのでおすすめです。

 

鼻血が出にくくなる生活を心がけることで、体調維持にも役立ちます。

 

上手に活用してみて下さいね。

 

【あなたにオススメの記事】

  あれっ!?口の中の皮がむける!?原因と対処法を徹底解説!
  親知らず抜歯後の臭い苦い汁が気になる!原因と対策を紹介
  歯石の取り方!自宅と歯医者おすすめは?糸ようじは使える?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ