ヘルパンギーナは保育園の登園許可が必要?何日で?

kindergarden-569198_1280

 

なんだか子供の様子がおかしい。。。

 

特に病気と思われるときには心配しますよね。

 

 

保育園は、たくさんの子供がいるため、そこから感染することもあります。

 

子供たちは遊ぶときに、大人と比べると距離感が近かったりするので、感染しやすい傾向があります。

 

また、保育園児などの幼児の場合、まだ衛生的な概念がしっかり身についていないことが多く、これも感染しやすい理由の1つです。

 

さらに、大人と比べて免疫力も弱いことから、一気に感染が広がることもあります。

 

 

特に夏場に注意してほしいのが、プール熱と呼ばれる夏風邪の一種ですね。

 

保育園からも、夏場にかかりやすい病気について、連絡を受けることがあるかもしれません。

 

では、プール熱の一種であるヘルパンギーナに感染した場合、保育園への連絡を含めてどのように対処すればいいのでしょうか?

 

登園許可をもらう必要があるのか?

 

 

何日休ませればいいのか?

何日で登園させてよいのか?

 

その点を詳しく説明していきます。

スポンサードリンク

ヘルパンギーナかどうかの判断方法は?

ヘルパンギーナはウイルスによる感染から発症する病気です。

 

ヘルパンギーナの症状として、

 

・40度近い高熱が出る

・口内にブツブツができる

 

といった症状があります。

 

ただし、

 

・手足口病

・水ぼうそう

 

などと似たような病状が発症することもあるため、ヘルパンギーナかどうか病院で診てもらって判断しましょう。

 

決して素人判断をしてはいけません。

スポンサードリンク

保育園への連絡は?登園許可は必要なの?

知らない人も多いのですが、学校保健法というものがあり、かかった病気によって、出席停止や登園禁止にしなければいけないことが明記されています。

 

では、ヘルパンギーナの場合はどうなのでしょうか?

 

手足口病は、学校保健法により出席停止や登園禁止になりますが、実は、ヘルパンギーナに関しては、学校保健法に定義されていません。

 

そのため、登園させるかどうかは、親御さんの判断になります。

 

行くのも自由、休ませるのも自由です。

 

 

しかし、ヘルパンギーナは感染力が強く、他の子供にも感染する危険性が高い病気です。

 

そのため、ヘルパンギーナになった場合、学校保健法で定められてなくても、各学校や保育園ごとに、登園禁止にするかどうかということを決めています。

 

まず、ヘルパンギーナになったことがわかったら、早めに保育園に連絡をして、その後の対応方法を確認してください。

 

ヘルパンギーナは、発症後だいたい5日以内には治まります。

 

登園可能かどうかの判断について、病気がある程度治まってから2日後くらいからが登園の目安です。

 

つまり、1週間前後で、登園が可能となります。

 

 

しかし、症状は落ち着いても、実は、体内にはウイルスがたくさんいます。

 

特に発症後、1ヶ月程度は便にウイルスがいるくらい、しつこい病気なのです。

 

また、唾液や鼻水にも当然ウイルスがいます。

 

そこから、他の子供に感染させる恐れもあります。

 

さきほど紹介したように、病気がある程度治まってから2日後くらいからが登園の目安とはなりますが、その期間で症状が治まるだけで体内にはウイルスが残っているので、各保育園ごとに対応が異なります。

 

そのため、どのくらいで登園させて大丈夫なのかは、通っている保育園と確認を行ったほうがよいです。

 

また、保育園によって病院の先生からお墨付きをもらって、登園許可証を提出するところもあります。

 

こちらに関しても、保育園ごとに対応方法がことなるので、詳しい対応方法に関しては、保育園に連絡して確認をしてくださいね。

 

 

確かに仕事の都合もあるため、長期間休めないこともあるでしょう。

 

しかし、他の子供に感染させて、保育園児全員がお休みになるゆな事態を起こさないためにも、急いで登園させないようにしてくださいね。

 

【あなたにオススメの記事】

  手足口病は小学生でも感染する?症状は?出席停止?
  手足口病に乳児がかかった場合の症状まとめ!母乳で感染?
  手足口病になると爪剥がれる!?原因は何?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ