粉瘤が破裂!放置してもOK?処置方法を徹底解説!

harmony-1229893_640

 

皮膚の下に袋ができ、その中に老廃物が溜まることでしこりが出来るのが粉瘤です。

 

炎症が起こると袋がもろくなり破裂することもあります。

 

今回は、もし粉瘤ができて破裂した場合、どう処置したらいいのか解説します。

スポンサードリンク

粉瘤のメカニズム

粉瘤は皮膚の下に袋状のものができてその中に角質や皮脂が詰まったものです。

 

袋の中も皮膚のため、通常の皮膚のように新陳代謝によって古い角質や、皮脂といった老廃物が排出されます。

 

この老廃物が袋の中に溜まり、腫瘍を形成します。

 

粉瘤が破裂するのはなぜ?

粉瘤の袋はもともと皮膚で出来ているのでそう簡単に破けることはありません。

 

しかし、袋の中と皮膚と表面をつなぐ小さな開口部がある場合、その開口部から最近が侵入することがあります。

 

細菌に感染して粉瘤が化膿すると、袋がもろくなり破裂しやすくなってしまうのです。

 

袋が破れると周辺に膿が広がり、炎症が悪化します。赤く腫れあがり、進行すると開口部もただれ、臭い膿や袋の内容物も出てきます。

 

粉瘤が破裂したら放置しても大丈夫?

よく脂肪の塊と言われることが多い粉瘤ですが実際は脂肪でできているわけではありません。

 

粉瘤は身体中のどこにでもでき、また、原因がはっきりしていないことから誰にでもできる可能性があります。

 

一度で粉瘤ができてしまうと自然消滅することはなく放置すると老廃物が溜まりどんどん大きくなっていきます。

 

その中に雑菌が入ると可能してしまい、破裂しやすくなります。

 

粉瘤は吹き出物と違って毛穴が感染を起こしたのではなく、皮下に埋まった袋の中が感染を起こした状態です。

 

感染した粉瘤を摘出しないと感染を繰り返して大きくなる場合があります。

 

ごく稀にですがガンになり悪性化する場合もあるので留意してください。

スポンサードリンク

粉瘤が破裂した時の対処法

できるだけ早く皮膚科や形成外科などの医療機関を受診しましょう。

 

軽い炎症の場合は抗生物質を処方してもらい、服用すれば炎症は治まりますが、破裂するほど粉瘤の化膿がひどい場合、皮膚を切開して内部に溜まった膿を排出しなければなりません。

 

本来、粉瘤を根治させるためには袋をきれいに取り出す手術を受ける必要があります。

 

しかし、破裂して膿の中にうもれている場合、取り出すのが困難になってしまいます。

 

そのため、まずは炎症が治まり、膿が出なくなるまで摘出施術は行うことができません。

 

炎症が治まったら根治のための手術をするかよく相談しましょう。

 

なかに袋が残っている限り何度で再発する可能性があるため気をつけてください

粉瘤を治療するタイミングは?

粉瘤を完全に治すためには手術によって袋ごと綺麗に取り除く治療が必要になります。

 

手術は15分~30分ほどで終わる簡単なものですが、粉瘤が大きかったり、炎症を起こして袋が周囲に癒着してしまっていると手術の難易度が上がり、時間がかかります。

 

また傷跡が大きく残ることもあります。

 

粉瘤が小さいほど皮膚の傷も小さくすみ、最新の医療技術の進歩によって半年から1年ほどでほとんど傷が目立たないような手術もできるようになっています。

 

まとめ

粉瘤の破裂は傷口からの細菌に感染し皮膚が薄くなることで発生します。

 

粉瘤の開口部が主な感染経路なので、必ず消毒して清潔に保ちましょう。

 

粉瘤は切開手術によって痛みが軽減し、破裂する心配もなくなります。

 

しかし、「脂肪のかたまり」だと思って放置してしまうと、どんどん大きくなり、中で破裂してしまうこともありますのでなるべく早く病院で切除してもらいましょう。

 

もし気になる皮膚のできものがあるのでしたらなるべく早めに専門の皮膚科に受診しましょう。

 

【あなたにおすすめの記事】

  お尻に出来た粉瘤の原因と治療法を解説!手術するしかない?
  接触性皮膚炎の市販薬のオススメを部位別に紹介!
  顔がかゆい!赤みや腫れを伴う顔のかゆみについて徹底解説!

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ