インフルエンザの解熱剤!イブプロフェンは禁忌?

stop-1077973_640

 

インフルエンザにかかってしまうと、薬なしではなかなか治すことは難しいです。

 

何よりも、身体のだるさや高熱から一刻もはやく解放されたい気持ちで、1秒でも早く病院にいって薬が欲しいですよね。

 

インフルエンザの薬で有名なのは、タミフルやリレンザになると思います。

 

これらは、インフルエンザウイルスに特化して効果を示す薬です。

 

通常の発熱の時には、熱を下げてくれる「イブプロフェン」成分が配合されている、EVEやエスタックイブなどのドラッグストアなどで販売されている薬を服用をしているのではないでしょうか?

⇒市販の風邪薬で最強なのはどれ?

 

また、以前に熱がでたときに病院で処方してもらった解熱剤を服用しているなんてことはないでしょうか?

 

インフルエンザでは、市販や家庭での置き薬を服用せず、病院に掛かって処方してもらうのが第一です!

 

しかし、病院が開いてない時など、急を要する場合もあります。

⇒コンビニで買える風邪薬オススメ5つ! 市販薬の風邪薬紹介

 

そこで、市販の薬にも含まれている「イブプロフェン」をインフルエンザの解熱剤として使用するのは禁忌なのかどうか、また、その理由についても詳しく紹介します。

スポンサードリンク

インフルエンザにイブプロフェンが配合されている薬は禁忌?

結論から言うと、インフルエンザでは「イブプロフェン」「アセトアミノフェン」「ロキソプロフェン」は禁忌とされてはいません。

 

より具体的にいうと、以下の薬はインフルエンザに対して、禁忌になっていません。

・イブ、パブロンエース、エスタックイブ

・ルル、コンタック、カロナール

・ロキソニン

 

 

しかしながら、これらを服用したとしても、次で紹介する薬に比べたら、熱が通常の風邪のときのように「ぐんっ」と下がるわけではなく、気持ち和らぐ程度なことが多いです。

 

では、イブプロフェン以外の成分が含まれている市販薬の解熱剤はインフルエンザ感染時に禁忌ではないのでしょうか?

 

インフエルエンザの解熱剤に市販の薬を使用すると…

「熱が出たら薬をのんで下げるべき!」

 

そう思ってすぐに解熱剤を取り出す人も多いでしょう。

 

しかし、インフルエンザのときに、市販の薬を服用してはいけない理由というのがあります。

 

インフルエンザウイルスに限らず、発熱をしている状態の人の体はウイルスや菌と闘っています。

 

つまり、発熱=ウイルスや菌と闘っている証拠とも言えます。

 

なので、安易に熱を下げるべきではないのです。

 

確かに、解熱剤と書かれているものを服用して熱はさがるかもしれませんが、ウイルスがいなくなるわけではないため、解熱剤で良くなるのは一瞬の話です。

⇒インフルエンザの解熱剤が効かない!原因と対処法を解説!

⇒インフルエンザはぶり返す?二峰性の発熱の対処法!

 

また、インフルエンザでは使用してはいけない解熱剤があるので注意しなければなりません。

 

それは、「ジクロフェナクナトリウム」「メフェナム酸」「アスピリン(アセチルサリチル酸)」が含まれているものです。

 

家にある薬にこのような薬はないですか?

・ボルタレン

・ポンタール

・バファリン

 

これらを服用すると大人の方でも逆に重症化して命に危険を及ぼすこともありますので注意してくださいね!

スポンサードリンク

インフルエンザの薬について

現在、日本で使用されているインフルエンザの薬の種類として次のようなものがあります。

 

タミフル

インフルエンザで多い、A・B型のインフルエンザウイルスの増殖を防いでくれます。

 

特有の症状(悪寒・発熱)が出始めたら48時間以内にカプセルを服用するのが効果的です。

 

48時間超えている場合は効果を示さないこともあります。

 

いかに早期に病院にいくことが大切か分かりますね。

 

リレンザ

タミフルと同様でA型・B型インフルエンザに効果があります。

 

タミフルとなにが違うかというと、タミフルはカプセルですが、リレンザは吸入薬で、1日2回・5日間使用します。

 

吸い込むことによって呼吸器にあるウイルスの増殖を防ぐというものです。

 

イナビル

リレンザと同じく吸入するタイプです。

 

1回の吸入で完了するのですが、徹底した医師や看護師の指導の下、吸入しなければならないため、注意しなければなりません。

 

イナビルは、下痢、悪心、胃腸炎、蕁麻疹などの副作用が報告されています。

 

ラピアクタ

こちらは、点滴注射薬になりますが、健康なひとには基本的に使用されていません。

 

高齢者や障害をお持ちの方の中には、飲み込むこと(嚥下)や吸い込むことが出来ない方がいます。

 

そういった方に対して病院で処方されます。

 

インフルエンザの薬の副作用

インフルエンザの薬は強力な効果を示しますが、それとともに副作用が出やすいというデメリットもあります。

 

特に、タミフルは精神的な副作用が出てしまい異常行動を起こして命をなくしてしまったという話も聞いたことがあると思います。

 

使用する薬によって副作用も次のように変わってきます。

 

■タミフル

→下痢などの腹部症状、吐気、発心、精神症状(未成年に多い)

スポンサードリンク

■リレンザ

→血圧低下、呼吸困難、のどの腫れ

 

■イナビル

→下痢などの腹部症状、むかむか、胃腸炎、蕁麻疹

 

■ラピアクタ

→下痢などの腹部症状、白血球減少、吐気嘔吐、蛋白尿

 

子供のインフルエンザと薬

子供のインフルエンザでは大人よりも重症化しやすく、そのスピードも早いです。

 

子供がインフルエンザの時は、すぐに病院に連れて行ってあげて治療をうけるようにしてください。

 

辛そうだからと言って、インフルエンザの時は自己判断で薬を飲ませたりするのは絶対にいけません。

 

 

しかし、子供にインフルエンザ薬を服用させた場合、異常行動などの副作用に対して慎重な配慮が必要です。

 

いつもと違う言動があったり、外に飛び出していこうとしたりしないか、しっかりと見ておきましょう。

 

それ以外は、次のようなことに注意してゆっくり休ませてあげてください。

 

● 好きな飲み物を好きなだけ十分にとらせる。

● 消化のよい食事をとる

● お風呂は入らず、体拭きや着替えをこまめにして清潔を保つ

● 一度下がったのに、また症状が出てきた場合はほかの病気を疑う

 

まとめ

毎年冬になると必ず流行するインフルエンザ。

 

高熱になることが多く、すぐに熱を下げたいと思って市販の薬を使用してしまいそうになりますが、インフルエンザに感染している時は禁忌になっている成分もあるため、市販薬の使用には注意が必要です。

 

 

下手すると、重症化して命を落とす可能性さえありますので、「イブプロフェン、アセトアミノフェン、ロキソプロフェン」が配合されているものは禁忌ではなく、他の成分は禁忌」と覚えておくのが一番良いでしょう。

 

とは言っても、インフルエンザに感染した時は病院の処方薬を飲んで安静にしているのが一番です。

 

市販薬は一時しのぎにしかならないので、早めに病院に行ってくださいね。

⇒冬の脅威!インフルエンザ特集!

 

【あなたにオススメの記事】

 

  インフルエンザの時にコーヒーは飲んでもいい?予防できる?
  インフルエンザの解熱剤が効かない!原因と対処法を解説!
  インフルエンザはぶり返す?二峰性の発熱の対処法!
  インフルエンザは解熱後にも検査すべき?いつまで感染する?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ