インフルエンザの薬イナビルで熱が下がらない原因を解説!

fire-2975805_640

 

インフルエンザに感染すると必ずと言っていいほど高熱が出ます。

 

嘔吐や関節痛などの辛い症状も一緒について回ることもありますが、熱が下がるとそれらの症状も落ち着いてくることが多いです。

 

インフルエンザによる高熱が辛くて病院でイナビルを処方されたのに、熱が下がらないときには一体どんな理由が考えられるのでしょうか。

 

インフルエンザの薬イナビルで熱が下がらない原因と対処法をご紹介していきます。

スポンサードリンク

インフルエンザの薬イナビルで熱が下がらない原因は?

イナビルはインフルエンザウイルスの増殖を抑える治療薬で、インフルエンザウイルスを殺す作用はありません。

 

イナビルを吸入したからといってすぐにインフルエンザウイルスが体内からいなくなるわけではありません。

 

基本的に白血球がインフルエンザウイルスを退治するまで待つしかなく、あくまでイナビルはこれ以上の悪化を防ぐ薬なのです。

 

ではイナビルを吸引しても効果がないときは何が原因なのでしょうか。

 

悪化した風邪

イナビルが効かない原因として、併発していた風邪の症状が悪化していたということもあります。

 

イナビルは抗インフルエンザ薬としての効果は発揮しますが、インフルエンザと一緒に風邪を併発していた場合風邪には効果がありません。

 

インフルエンザのときの体はインフルエンザとの戦いに備えて準備をしたり戦ったりしていますので、外部からくるウイルスの侵入を普段よりも許してしまいやすい状態にあります。

 

インフルエンザになっているときは風邪もひきやすい傾向もありますので、普段以上に風邪対策をしておく必要があります。

 

吸入するタイミング

インフルエンザを発症してイナビルを吸引するタイミングは発症後2日、48時間以内がベストです。

 

体内でウイルスが増殖する前に吸入しないと効果が発揮されません。

 

処方されて48時間以上経過してから吸入すると効果は現れませんので、病院で言われた通りの時間に吸引してください。

 

イナビルは、錠剤であるタミフルやリレンザとは違い1回の使用で済みますので、飲み忘れや患者さんの負担が少ない薬です。

 

うまく吸引できていない

イナビルは吸引タイプの薬で1回の使用で効果がありますが、その分使い方を間違えると意味がなくなってしまいます。

 

粉末状の薬なので初めての方や小さいお子さんは吸いにくいかもしれませんが、使用方法を間違えると熱が下がらない原因にもなります。

 

中途半端に吸ってしまうと全部吸引できずに薬の意味がなくなってしまうので、一気に吸うようにしましょう。

 

イナビルが効かないときの対処法

基本的に副作用がないときはイナビルからタミフル、またはリレンザへの変更はできません。

 

先述したようにイナビルは1回の吸引で効果を発揮します。

 

効かないからと他の薬を飲むことはあまりありませんので、効かない場合は薬の飲み方が間違っている、タイミングが早いなどの理由があげられます。

 

では自分でできるイナビルが効かない場合の対処法を見ていきましょう。

 

安静にする

上記したように熱が下がらないのは免疫細胞がウイルスや細菌と戦っているためです。

 

そのため免疫力をつける必要があり、十分な睡眠をとり休養することが大切です。

 

起きているだけで体力を消耗するので眠れないときでも横になって楽な体勢で休みましょう。

スポンサードリンク

十分な水分を摂る

高熱が続くと発汗により体の水分が失われていきます。

 

水分が多く失われると脱水症状になる危険性もありますので、こまめに水分補給をしましょう。

 

また水分だけでなくミネラルも同時に失われるので水分補給はお茶や水ではなくスポーツドリンクがおすすめです。

 

首、脇の下、太ももの付け根を冷やす

後頭部から首にかけて脇の下、太ももの付け根はリンパが集まっている場所です。

 

リンパの集まる箇所を冷やすことにより効率よく体温を下げることができます。

 

首周りや脇の下は温度の高い血液が流れており、皮膚の近くを血管が通っているので熱を効果的に下げることができるのです。

体温調節

熱を下げるために体温調節はとても重要です。

 

体を冷やしてはいけないと布団を多く被るのではなく、暑いときには布団を1枚減らし寒いときには布団を1枚増やすなどして適切な体温調節をしましょう。

 

体が温まり汗をかきはじめたら布団の枚数を減らし、下着やパジャマをこまめに着替えてください。

 

そうすることで熱が逃げやすい状態を保つことができます。

 

インフルエンザB型でイナビルを使用、一旦熱が下がったのにまた上がってきたのはなぜ?

これはまれにある「二峰性発熱」という症状です。

 

インフルエンザの二峰性発熱とは2日ほど高熱が出たあと1日平熱に下がります。

 

そしてまた高熱が出てきて1週間~10日ほどかけ解熱します。

 

イナビルはインフルエンザには効きますがこの二峰性発熱には効果がありませんので、薬を飲んでいったん熱が下がってもまた上がってきたという方は二峰性発熱が疑われます。

 

原因はいまだにわかっていませんが、インフルエンザの予防接種をしているとかかりにくいのです。

 

大人なら体力や免疫力もありますが小さいお子さんや高齢の方は重篤になりやすいので、流行する前に予防接種は受けておくことをおすすめします。

 

まとめ

インフルエンザウイルスに感染しイナビルを使用しても熱が下がらない場合は、吸引の仕方が間違っている可能性が高いです。

 

今回ご紹介した自分でできる対処法を試しても熱が下がらない場合は早めに病院を再受診しましょう。

 

【あなたにオススメの記事】

  インフルエンザ!イナビルが効かない!原因と対処法を解説
  インフルエンザの解熱剤!イブプロフェンは禁忌?
  インフルエンザは解熱後にも検査すべき?いつまで感染する?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ