インフルエンザ陰性から陽性になる原因!検査は信用できる?

weigh-2856321_640

 

風邪っぽくて病院に行きインフルエンザの疑いがある場合、インフルエンザの検査をします。

 

医師の判断で決めることもありますがほとんどは検査をして陰性か陽性か結果を見ます。

 

しかし陰性だった場合でも後日再検査すると陽性が出ることもあります。

 

なぜ陰性から陽性になるのか検査の詳細と一緒に詳しく見ていきましょう。

スポンサードリンク

なぜインフルエンザが陰性から陽性になる?

高熱が出てインフルエンザの症状が出たとしても検査で陰性が出ることがあります。

 

しかし検査が陰性でもインフルエンザの可能性は捨てきれません。

 

インフルエンザに感染していても陰性になる原因として2つの理由が考えられます。

 

検査を受けるタイミングが早い

検査は適切なタイミングで受けなければ意味がありません。

 

受ける時期が早いとインフルエンザウイルスが検出されないことがあります。

 

インフルエンザの検査は発熱などの症状が出て12時間経過してから受けることでウイルスが検出されます。

 

発症後12時間経過すると検査キットで判定できる量までウイルスが増殖ずるためです。

 

12時間を経過していないとウイルスの量が十分ではないため、いくらインフルエンザの症状が出ていても検査で陰性が出ることもあります。

 

迅速検査は100%確実ではない

迅速検査キットと呼ばれるインフルエンザの検査キットは10分~15分ほどででき、患者の負担も少ないため現在は主流になっています。

 

この検査では8090%という高い精度でインフルエンザの感染が検知できます。

 

しかしまれに陽性でも陰性の反応を示すこともあるため、100%確実な検査とは言い切れないのです。

 

特に先述したように発症してすぐのインフルエンザウイルスの数が少ないときにはウイルスを検出できないこともあります。

 

最初にインフルエンザ検査を受けるタイミング

最初にインフルエンザ検査を受けるタイミング

インフルエンザの検査を受ける適切なタイミングは発症してから1248時間以内です。

 

インフルエンザウイルスは体内に侵入してから8時間後に100個、24時間後には100万個と凄まじいスピードで繁殖していきます。

 

症状が出るまでに1~3日ほど潜伏期間がありますので、この期間は検査を受けても陰性しか出ないのです。

 

しかし検査を受ける時期が遅すぎても薬に効果が現れないため、早すぎても遅すぎてもいけません。

 

薬の効果は発症後48時間以内に服用することで効果を発揮するので、薬の効果を最大限に得るためにも発症後12時間~48時間以内に検査を受けるのがベストなタイミングと言えます。

スポンサードリンク

インフルエンザ検査の正確性

先述したように検査キットは100%確実とは言えません。

 

しかし簡単な検査ですぐに結果が出ることから現在主流の検査となっています。

 

迅速検査キットは信頼性が高く陽性が出た場合はインフルエンザに感染している可能性が高いと言えますが、陰性が出たからといって感染していないとは言えないのです。

 

検査の判定だけでなく症状や周りの感染者の有無などから医師が最終的に判断を下します。

 

インフルエンザ検査の方法

次に検査方法ですが、鼻や喉の粘膜を採取しインフルエンザウイルスがいるか検査キットで調べます。

 

診断キットに摂取した粘膜を垂らし少し待つと診断キットの結果表示部分に判定が出ます。

 

検査キットでは感染の有無だけでなくインフルエンザA型なのかB型なのかウイルスの種類も知ることができます。

 

鼻の粘膜を摂取するときは長い綿棒を鼻の奥に入れるので多少の痛みや不快感のある人もいます。

 

痛みを感じやすい子供の場合は専用のシートを鼻にあて鼻汁から検体を摂取する方法もありますが、多少正確性が落ちてしまいます。

再検査を受けるタイミング

インフルエンザの再検査は薬の効果が十分発揮できる48時間以内に受けておくのがベストです。

 

症状が出てから検査をしたものの陰性だった場合でも、翌日再検査をしたら陽性の可能性は十分あります。

 

インフルエンザの症状が出ていても陰性だった場合、検査を受けるタイミングが早くインフルエンザウイルスが検知できなかったという理由です。

 

ですから翌日に再検査を受けると陽性反応が出るということは十分考えられます。

 

検査では陰性でも医師にインフルエンザと診断されることがありますが、この場合は医師の判断が正しいと言えますので、インフルエンザ薬をもらったら必ず使用してください。

 

まとめ

インフルエンザ陰性から陽性に変わるのは検査を受けるタイミングが早かった、検査が間違っていたという2つの理由があります。

 

検査は100%ではありませんが正確性はかなり高いので、検査を受けるのが早かったという理由が1番多いです。

 

医師にインフルエンザと診断されても本当かどうか気になるようでしたら、翌日別の病院でもう一度検査をしてみるのもオススメです。

 

【あなたにオススメの記事】

  インフルエンザ!イナビルが効かない!原因と対処法を解説
  インフルエンザの解熱剤!イブプロフェンは禁忌?
  インフルエンザは解熱後にも検査すべき?いつまで感染する?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ