インフルエンザは洗濯物で感染する?洗濯物は分けるべき?

laundry-963150_640-1

 

インフルエンザウイルスは、当然ながら目には見えません。

 

どんなに気をつけていても、見えないウイルスが咳やくしゃみを通して飛沫感染しますから、感染してしまうことはあります。

 

家族にインフルエンザの患者さんが出てしまったら、他の家族にうつらないように気を使いますよね。

 

 

洗濯は、どうしたらいいでしょうか?

 

ウイルスが、洗濯物を介して感染することがあるのでしょうか?

 

洗濯物は、分けた方がいいのでしょうか?

スポンサードリンク

インフルエンザは洗濯物で感染する?

冬場になると猛威を振るうインフルエンザ。

 

その症状は、発熱や喉の痛み、鼻水などで、一見、普通の風邪と区別がつかないことがありますが、風邪と比べて重くなることがほとんどです。

 

 

インフルエンザは学校感染症に指定されていますので、罹患すると保育所や学校では、出席停止扱いになります。

 

それだけインフルエンザは、感染力の強いウイルスです。

 

 

しかし、感染力は強いものの、ウイルスは壊れやすく、衣服などにウイルスが付着したとしても、通常の洗濯で感染力はなくなります。

 

ですから、患者さんの衣類と一緒に洗ったり、あるいは患者さんの洗濯物を干しても、他の人にうつるということはありません。

 

また、干した衣服にウイルスが付着しても、2~8時間ほどで不活化しますので、患者さんがいる家庭で部屋干ししても、それほど心配はいらないでしょう。

 

ウイルスは紫外線にも弱いですので、窓辺の日の当たる所に干すのがおすすめです。

 

 

 

ただ、ウイルスは低温で乾燥した環境を好みます。

 

インフルエンザの患者さんがいる部屋で、乾いた衣類をいつまでも干しっぱなしにしていると、それを着た人が感染する可能性はあります。

 

また、嘔吐や下痢で汚物が付着してしまった洗濯物は、他の物と一緒に洗わないようにした方が安心です。

 

その際は、漂白剤を使って消毒しましょう。

 

洗濯物を取り出した後の洗濯機も、しっかり洗浄してから、他の物を洗うようにした方が安心ですね。

 

インフルエンザの患者さんがいる場合に気をつけることは?

家族にインフルエンザの患者さんがいる場合でも、衣類を一緒に洗濯することは、基本的には問題がないとわかりました。

 

では、洗濯以外では、何に気をつけたらいいでしょうか?

 

 

インフルエンザウイルスは、感染した人の咳やくしゃみから体外に出て、空気中に漂います。

 

ですから、患者さんの部屋は分けた方が、他の人にうつる可能性が低くなります。

 

 

手洗い用のタオルは、他の人と共用しないようにしましょう。

 

患者さんが使用した食器にも、ウイルスが付着していますから、他の人が使った食器と分けて洗います。

 

台所用洗剤で洗った後で、熱湯消毒をすると効果的です。

 

家庭内での感染を防ぐためには?

家庭内で、インフルエンザの感染が確認されたら、他の家族にうつさないよう気を使いますよね。

スポンサードリンク

家庭内での感染を防ぐためにできることは、あるのでしょうか。

 

 

少々窮屈ですが、患者さんも家族もマスクを着用するようにするだけでも、効果はあります。

 

ただ、いくらマスクをしていても、インフルエンザは通常の風邪と同じようにくしゃみや鼻水が出ます。

 

 

鼻水が出ると、ティッシュで鼻をかみますよね。そのティッシュにはウイルスが大量です。

 

捨てる際は、ビニール袋などで密閉するようにしましょう。

 

 

鼻をかんだ手で、ドアノブなどを触ると、そこにもウイルスが付着してしまいます。患者さんも家族も、こまめに手を洗うようにしましょう。

 

インフルエンザウイルスは、アルコール消毒も有効ですので、手指の消毒だけでなく、ドアノブや手摺、電気のスイッチ、エアコンやテレビのリモコンなど、誰もが日常的に触れる場所もこまめに消毒しておくといいでしょう。

 

 

室内のウイルスを追い出すために、換気も必要です。

 

その上で、乾燥しないよう加湿器を使って湿度を50%程度に保つようにします。

 

加湿器がない場合は、濡れたタオルを室内に干しておくだけでも効果は期待できます。

 

 

インフルエンザは学校感染症に指定されており、出席停止扱いになっています。

 

出席できないのは、発症から5日間、さらに解熱から2日(乳幼児は3日)とされています。

 

この期間は、周囲に感染する恐れがあるということですね。

 

ですから、家庭内でも、この期間は家族にうつさないよう注意する必要があります。

 

 

家族がインフルエンザを発症してしまうと、感染しても仕方ないと思いがちですが、気をつけていれば感染は防げます

 

特に、小さな子供や高齢者は重症化することがありますので、うつさないよう注意してあげたいものです。

 

 

日頃から、インフルエンザに感染しないよう免疫力を高めておくことも大切です。

 

ストレスをためないようにし、十分な睡眠を取りましょう。また、バランスの良い食生活を心がけましょう。

 

インフルエンザの流行期は、人混みを避ける、マスクを着用する、うがい、手洗いを励行することも大切です。

⇒冬の脅威!インフルエンザ特集!

 

【あなたにオススメの記事】

  インフルエンザは潜伏期間でもキスでうつるのか?徹底解説!
  インフルエンザの時にコーヒーは飲んでもいい?予防できる?
  インフルエンザウイルスは湿度が高いと死滅?湿度管理が重要

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ