いんきんたむしにはオロナインH軟膏が効果的?

bath-820073_1280

 

股間がムズムズとかゆくなる・・・いんきんたむし。

 

夏場のムレとあわせて、とてもツライですよね。

 

 

しかも場所が場所だけに人に話すこともできず、人前ではかくこともできないため、余計にツライ。。。

 

さらに、においが気になる場合も。。。

 

⇒いんきんたむしの臭いがやばすぎる!症状は?女性も注意!

 

誰かに知られてしまったら、ウワサされて避けられるのでは・・・

 

このように思われている方もきっと多いかもしれません。

 

 

病院に行くのも恥ずかしい・・・

 

自宅でいんきんたむしを治そうと考えている方はきっと多いでしょう。

 

 

そこで、昔からあるオロナインH軟膏は、いんきんたむしに効果はあるのでしょうか?

 

その点を中心に詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

そもそもオロナインH軟膏は効果があるのか?

あまりにも身近にありすぎて、意外と知らないオロナインH軟膏。

 

テレビCMでも、何度も見かけたことがあるかもしれません。

 

オロナインH軟膏はどのような効果を発揮するのでしょうか?

 

 

サイトの情報を見ると、皮膚疾患や外傷治療薬に効果があります。

 

 

では、いんきんたむしには効果があるのか?

 

これも効能・効果の欄に、「たむし、いんきん」と書かれています。

 

つまり、いんきんたむしにも効果がある、ということです。

 

 

そして、実際にいんきんたむしになった方も、オロナインH軟膏を使って改善された方もいます。

 

いんきんたむしに効果のある成分

そもそも薬には何かしらの効果があるからこそ、薬ですよね。

 

では、オロナインH軟膏の何の成分が、いんきんたむしに効果があるのでしょうか?

 

 

主要成分として、「クロルヘキシジングルコン酸塩液」という、やたら長い名称の薬が入っています。

 

ズバリこれは何なのかといえば、皮膚の消毒効果がある成分です。

 

 

また、この成分は医療用にも使われています。

 

例えば、手術部位の皮膚や、医療機器の消毒など幅広く使われています。

 

実際にオロナインH軟膏はおすすめなのか

オススメかどうかをお伝えする前に、いんきんたむしの市販薬をランキング形式で紹介してますので、興味があったら見てくださいね。

 

⇒たむし(いんきんたむし)の市販薬をランキングで紹介!

 

 

では、実際にオロナインH軟膏は「いんきんたむし」にオススメなのかお伝えします。

 

 

いんきんたむしの初期症状なのか?それともすでに幅広く広がっているのかによって、オロナインH軟膏がおすすめできるかどうか変わります。

 

また、体質の問題もあるため、治り方や治るまでの時間も変わります。

 

 

ただし、注意しなければいけないのが、本当にいんきんたむしかどうか、ということです。

 

 

特にムレやすい部分でもあるため、他の皮膚疾患の可能性も考えられます。

 

たとえば、湿疹によるただれやかぶれですね。

 

 

実は、この湿疹やただれ、かぶれであった場合、オロナインH軟膏では効果がありません。

 

しかも、使用上の注意で湿疹には使用しないこと、と明記されています。

 

 

いんきんたむしというのは、白癬菌という水虫と同じ、カビの一種です。

 

 

つまり、いんきんたむしと思って、湿疹に塗りこんでしまうと・・・

 

症状が悪化する、または何らかの副作用が起きてしまいます。

 

 

そして、オロナインH軟膏は、いんきんたむし専用の薬ではありません。

 

 

オロナインH軟膏は、風邪薬の総合感冒薬のようなイメージです。

 

風邪から来る色々な諸症状を抑える成分がまんべんなく入っている感じです。

 

つまり、皮膚疾患にまんべんなく使える万能薬であるため、専用の薬と比べ効果が弱くなることが否めません。

スポンサードリンク

いんきんたむしを早く治したいなら

やはり病院で診てもらうことをおすすめします。

 

いんきんたむしと思っていたら、湿疹や他の症状だった、ということも考えられるからです。

 

 

自己判断で間違った治療をしてしまうと、全く効果がないばかりか、逆に悪化させてしまうことになります。

 

 

とはいっても、「病院で診てもらうのは恥ずかしすぎて無理」、あるいは、「いんきんたむしだと確実にわかっている」、そのような場合には、市販の水虫薬をおすすめします。

 

水虫薬と聞くと、足につけるもの、と思われている方もいるかもしれませんが、実は、水虫もいんきんたむしも、同じ白癬菌なので症状の原因は同じです。

 

そして、市販の水虫薬も、いんきんたむしに効果があります。

 

⇒たむし(いんきんたむし)の市販薬をランキングで紹介!

 

⇒オススメの水虫薬2017年版!

 

いんきんたむしにも効果のある水虫薬といえば、

 

・ダマリン

・ラシミール

・ブテナロック

・スコルバ

・ピロエース

 

 

など、一度はテレビCMなどで見たことのある薬だと思います。

 

 

また、市販薬の種類も、

 

・クリームタイプ

・スプレータイプ

・パウダスプレータイプ

 

 

などと違いがあります。

 

成分や効能、評判などを確認して、オロナインH軟膏を使うかも含めて検討することをおすすめします。

 

いんきんたむしを完治させるために

体を洗っても、いんきんたむしが治らないのは、皮膚の奥に白癬菌のカビが浸透しているからです。

 

そのため、皮膚の表面を洗っても治すことができません。

 

 

そこで、オロナインH軟膏や水虫薬などを使って、皮膚の奥まで浸透させる必要があります。

 

症状にもよりますが、水虫薬を使った場合、約1週間で症状が落ち着きます。

 

 

しかし、そこでやめてしまうと、再びぶり返してしまいます。

 

その理由は、皮膚の表面近くの白癬菌を抑制できても、それより奥の白癬菌は、まだ元気で活発なんですね。

 

 

皮膚というのは、表皮が剥がれ落ちて、その奥にある真皮が表面に出てくるというのを繰り返しています。

 

水虫薬は表皮に塗っているので、奥の真皮付近にいる白癬菌には届きません。

 

そのため、真皮が表に出てきたときにしか奥にいた白癬菌は退治できないのです。

 

 

以上のことから、白癬菌の根絶、いわゆる完治まで、1ヶ月は続ける必要があります。

 

 

他にも、いんきんたむし部分を清潔にする。

 

風通しのいい下着にして、こまめに変える。

 

 

このような対処もあわせて行って完治を目指してくださいね。

 

【あなたにオススメの記事】

  いんきんたむしの臭いがやばすぎる!症状は?女性も注意!
  たむし(いんきんたむし)の市販薬をランキングで紹介!
  水虫が痛い!指の間が痛くて歩けない!どうすればいい?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ