花粉症の薬を授乳中に飲んでも大丈夫?市販薬は危険?

baby-165067_1280

 

粉症の時期が刻一刻と近づいております。

 

授乳中で花粉症持ちのお母さんたちにはとてもつらい時期です。

 

特に完全に母乳のみで育てようとしてるお母さんたちにとっての悩みの種、それは・・・

 

花粉症に限らず

 

・市販薬は飲んでも大丈夫なのか?

・赤ちゃんへの影響は?

 

ということでしょう。

スポンサードリンク

 

花粉症の市販薬として有名なのは?

まずは花粉症の市販薬として、有名なものを4つあげておきます。

 

■アレグラFX → アレーグラーのCMで有名な薬です笑

 

■アレジオン10

 

■ストナリニZ

 

■コンタック鼻炎Z

 

授乳中の場合の注意書き

上記4つの花粉症の市販薬にはおおむね以下のような内容の記載があります。

 

「授乳中は、原則として服用を控えるようにしてください。また、やむを得ず服用する場合は、服用期間中はできるだけ授乳を避けてください。」

 

やはり授乳中に市販の花粉症の薬を飲むのは危険です。

 

それにしても、

 

授乳中のお母さんが花粉症の市販薬を飲んでしまって、赤ちゃんに何か起こったという悲しい事故を防ぎたいのであれば、「原則として」なんて書かずに「絶対禁止!!マジでやめて!!お願い!!」ぐらいに記載しておいたほうがいいと思うんですが。。。

 

どう思われますか?

 

そしてこんな見方もあります。

 

日齢、月齢、年齢によってかわってくる

もう母乳がほとんど出ない、あるいは、それなりにお子様が大きくなってきている場合は、母乳をあげる頻度がかなり減ってきますよね?

 

そんな場合は、市販の薬で済ませてしまっているというツワモノまでいるようです。

 

本当に大丈夫なんですかね。。。

スポンサードリンク

体の大きさの違い

授乳中の赤ちゃん、子供、大人では体の大きさが違います。

 

子供だったら1粒、大人だったら2粒の用量の薬もよくみかけますよね?

 

 

では、もし赤ちゃんが薬を飲むとしたら?

 

 

子供と比べても授乳中の赤ちゃんは小さいです。

 

含まれてる成分が微量だったとしても、授乳中の赤ちゃんは体が小さい分、脳や体に与える影響は大きいはずです。

 

素人判断は大変危険!!

大人ではほんの少しの用量でほんの少しの影響だったとしても、赤ちゃんに与える影響は甚大。

 

 

餅は餅屋。授乳中という大事な時期に素人判断するのは大変危険です

 

もしもの時に被害にあうのは大切なお子様たち。

 

 

授乳中の赤ちゃんがいらっしゃる場合は、花粉症の市販薬は飲まずに、かかりつけの病院などに必ず相談しましょう。

 

 

授乳中と伝えれば、適した薬を処方してもらえるはずです。

 

また、それでも不安な場合は、漢方薬を処方してくださるところもあるようです。

 

 

良いお医者様、良い病院にめぐり合えると良いですね。

 

【あなたにオススメの記事】

  花粉症と生理の関係性を解説!生理が遅れる?薬の併用は可?
  花粉症と動悸、息切れの関係性を解説!薬の副作用?風邪?
  花粉症と便秘には関連性がある!?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ