花粉症による湿疹に注意!! 花粉症皮膚炎とは?

beautiful-2314_1920

 

湿疹が出来た時って、「ゾクッ」っとしませんか?

 

けがをした時などに出来るカサブタは、原因と結果、その後どうなるのかがわかっているので何とも思わないのですが、

 

湿疹って心当たりがないというか、なぜ出来たのかわからない時が多いので、原因がわからない、今後この湿疹がどうなるのかわからない。。。

 

 

個人的には、得体のしれないものとして考えてしまいがちなのです。。。

 

 

今回は、花粉症による湿疹

 

 

花粉症皮膚炎

 

 

をご紹介します。

スポンサードリンク

花粉症による湿疹?

初めて聞いたときは驚きました。というか信じられませんでした。

 

花粉症は、目や鼻に影響があるもので、皮膚に影響があるものとは一度も見たことも聞いたこともなかったからです。

 

このページをご覧になられてるあなたも半信半疑かもしれませんね。

 

 

当サイトで花粉症による画像を載せはしませんが、花粉症による湿疹はあります。

 

専門用語では、「花粉症皮膚炎」「花粉皮膚炎」と呼ばれるようですね。

 

花粉症皮膚炎の症状

花粉症皮膚炎は主に肌を露出している部分に出やすく、顔全体やまぶた近辺にかゆみが生じることが多いです。

 

 

これには、理由があります。

 

花粉症の時期になると、目がかゆくなってこすったり、鼻水がとまらなくなりよく鼻をかんだりします。

 

そうすると、摩擦により肌が弱くなっていき、いわゆる敏感肌状態になります。

 

そのため、顔全体やまぶたに症状が起こりやすいのです。

 

 

また、春は季節の変化に伴って自律神経が不安定な時期。

 

当然、肌の機能も不安定な時期となります。

 

 

そういった原因が重なって、花粉症による湿疹が起きてしまいます。

スポンサードリンク

花粉症患者は年々増加中

花粉症を発症する方は年々増加しています。

 

父や兄も近年、花粉症になりました。

 

また、私の友人も同じように花粉症になりました。

 

 

花粉症による湿疹を発症している方は私の周りにはいないのですが、情報を調べる限りは増加傾向にあるようです。

 

予防や対策は?我慢せずに皮膚科へ

花粉症の方は、かゆみを我慢しましょう!! 肌の摩擦により花粉症皮膚炎にかかりやすくなってしまいます。

 

・・・と言っても無理だと思いますので、まずは耳鼻科など花粉症の病院にしっかり行って、花粉症の症状をおさえつつ、皮膚科に行きましょう。

 

 

花粉症でない方は自律神経の乱れが肌機能にも影響しますので、食事はバランスのとれたものにし、早寝早起きをこころがけるなど、自律神経が乱れないように注意しましょう。

 

 

湿疹がでると、外出も億劫になり、気が滅入ってきますので、事前にこういったことがあることを知っていただければ幸いです。

 

【あなたにオススメの記事】

  花粉症は9月にも症状がでる?対策は?
  花粉症薬のアレグラが効かない!?
  花粉症の薬、アレグラについて徹底検証!

スポンサードリンク

 

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ