花粉症の薬ランキング!!2017年版!!

crown-42251_1280

 

粉症の薬には様々な種類があります。

 

それらの中で評判の良い上位3つを、特徴を紹介しつつ、ランキング形式で紹介したいと思います。

 

薬は人により合う合わないがありますので、評判が良い薬なら間違いないという事ではありませんが、参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサードリンク

第3位 アレグラFX(アレグラ、フェキソフェナジン塩酸塩)

アレグラFXには、第2世代抗ヒスタミンのフェキソフェナジン塩酸塩が配合されています。

 

市販されている商品名は「アレグラFX」で、病院で服用される薬品名は、アレグラです。

 

また、アレグラのジェネリック医薬品は、フェキソフェナジン塩酸塩となります。

 

 

特徴としては、眠くなりにくい、口の渇きが少ない、集中力の低下が少ないといったことがあげられます。

 

しかし、副作用が少なく済むよう配慮したせいか、花粉症薬の中では比較的効き目が弱い部類です。

 

第2位 コンタック鼻炎Z、ストナリニZ(ジルテック、セチリジン塩酸塩)

コンタック鼻炎ZとストナリニZは商品名が違うだけで、内容は同一のようです。

 

また、これらには第2世代抗ヒスタミンであるジルテックの主成分「セチリジン塩酸塩」が配合されています。

 

市販されている商品名は「コンタック鼻炎Z」「ストナリニZ」ですが、病院で処方される薬品名は、ジルテックです。

 

ジルテックは、第1世代と比べて副作用が少ない第2世代の抗ヒスタミンですが、アレグラなどと比較すると、眠気などを感じやすいですが、その分、効き目は強い部類の薬になります。

スポンサードリンク

第1位 ザイザル

サイザルもアレグラやジルテックと同じく、第2世代抗ヒスタミンですが、その中でも比較的最近登場した薬となります。

 

また、アレグラやジルテックには市販薬がありますが、ザイザルは市販薬として発売されていません。

 

そして、サイザルにはジェネリック医薬品もまだありません。

 

 

しかし!

 

海外ではサイザルのジェネリック医薬品があります。

 

個人輸入であれば購入できるようですが、個人輸入に関しては私も無知なので、気になる方は調べてみてくださいね。

 

 

ザイザルは、効き目が強めのジルテックから眠気を抜いたような薬となります。

 

つまり、効き目抜群で、かつ副作用が少ない薬なのです。

 

・・・理論上は笑

 

 

私は実際に服用していたことがあるのですが、処方されたのは寝る前に1錠だったので、眠気がどうだったのかわかりません。。。

 

ネット上の評判をみると、かなり少数派ですが、眠気が強く出るという人もいるようです。

 

まとめ

花粉症の薬の中で、評価の高い薬をここまでみてきました。

 

私も実際に感じたことはありますが、薬に限らず、評判が良くても自分には合わないということが良くあります。

 

試してみて合わないと感じたら、医師や薬剤師さんに必ず相談しましょう。

 

【あなたにオススメの記事】

  花粉症のせいで頭痛や吐き気、めまいが起こる?
  花粉症は9月にも症状がでる?対策は?
  花粉症の薬は市販薬と病院の薬どちらが効く?安いのは?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ