花粉症はうつる!?キスや咳でうつるのか徹底検証!

arrows-1837574_640

 

花粉症の季節になるとくしゃみや鼻水、咳をする方を多く見かけますね。

 

風邪のような症状なのでうつりそうだなと感じたことはありませんか?そもそも花粉症は人にうつったりするのでしょうか?

 

今回は、花粉症は人にうつることがあるのか、キスや咳でうつるのか解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

花粉症はキスでうつる?花粉症のメカニズム

花粉症とは花粉が体の中に入り込んで、身体を守る免疫作用が過剰に反応している状態のことをいいます。

 

くしゃみや鼻水、鼻づまり、目や皮膚のかゆみが主な症状で、この反応は、花粉を体内から出そうとするアレルギー反応です。

 

人間の免疫機能は一人一人違い、人によって花粉に対する反応は違います。

 

そのため、花粉によって何らかの出る人もいれば出ない人もいます。

 

免疫機能は他の人に影響されることはないので花粉症が人から人へうつることはありません。

 

しかし、免疫は体調や年齢によって変化していくので、ある時期から突然花粉症になることはあります。

 

一方、花粉症によく似た症状の風邪ですが、風邪はウイルスを吸い込んで、接触することで羅患し、様々な症状が出てきますので、人から人へうつる可能性があります。

 

主な感染経路として「接触感染(口や鼻の粘膜にウイルスが触れることで感染)」「飛沫感染(咳やくしゃみで飛び散った痰や唾液に含まれるウイルスを口や鼻から取り込んで感染)」「空気感染(空気中に漂っているウイルスを取り込むことで感染)」の3つの経路で感染します。

 

キスは粘膜と粘膜を触れ合わせるので、キスで風邪がうつることがあります。

 

花粉症で起こった咳や結膜炎はうつる?

花粉症は人にうつることはありません。

 

しかし、花粉症で引き起こされた咳や結膜炎はうつるのでしょうか?

 

ウイルスによって引き起こされた咳と結膜炎と、花粉症で引き起こされた結膜炎の違いを説明します。

 

ウイルス性の結膜炎はウイルスの感染によってかかる結膜炎で、結膜が充血し、目やにや涙が止まらなくなり、若干傷みがあるのが特徴です。

 

人から人へウイルスがうつって発症します。感染力が強く、集団感染も多いです。

 

また、ウイルス性の咳はウイルスが原因の気管支炎のことです。

 

ウイルスや細菌が気管支に感染して発症します。

スポンサードリンク

咳をすることによる飛沫感染で人から人へうつります。

 

アレルギー性の結膜炎はアレルゲンが結膜に入った時にかゆみや充血を引き起こします。

 

主な原因はカビ、ダニ、ハウスダスト花粉が原因で、目のかゆみや充血、目やにを引き起こします。

 

アレルギー性の咳はアレルゲンを気管支に取り込んだことが原因のアレルギー性気管支炎です。

 

この原因もカビやダニ、ハウスダスト、花粉が原因です。

 

結論を言いますと花粉症で引き起こされた結膜炎や咳は人から人へうつりません。

 

花粉症の結膜炎や咳は、アレルゲンに対する反応で、免疫が過剰に反応している状態で、体質上の問題ですので人にうつることはありません。

 

しかし、花粉症の症状が出てきているときは免疫力が低下している場合が多いです。

 

免疫力の低下によって引き起こされたアレルギー性の気管支炎は風邪の一種なのでうつることもあります。

 

まとめ

基本的に、花粉症は人から人へうつることはありません。

 

免疫機能の過剰な反応によって起こるアレルギー反応で、体質上の問題だからです。

 

なので、花粉症の人と一緒にいたり、キスしてもうつることはありません。

 

しかし、まだ花粉症になっていないから大丈夫と思っていても。年齢を重ねていくうちに体質は変わっていくので、ある日突然花粉症になってしまうことがあります。

 

花粉症になると辛いので、できるだけ花粉を体内に入れないように対策をしましょう。

 

【あなたにおすすめの記事】

  イネ科の花粉はいつの時期から?食べ物で改善される?

  花粉症の薬は市販薬と病院の薬どちらが効く?安いのは?

  ブタクサ花粉症!関東の時期や季節はいつ?対策は?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ