顔がかゆい!赤みや腫れを伴う顔のかゆみについて徹底解説!

fractal-2050292_640

 

皮膚に湿疹ができたり、かゆく感じたり、急に皮膚が赤く腫れてきたということはありませんか?

 

突然のかゆみはイライラしてストレスの原因になりますから早く何とかしたいですよね。

 

今回は、様々な顔のかゆみについて解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

急なかゆみ・湿疹が出来た時の応急処置

冷やす

まず、かゆみ止めに対する応急処置として有効なのは冷やすことです。

 

人間は体温が高くなると血行が良くなりかゆみが増してきますので、保冷剤や氷を入れた袋にタオルやハンカチを巻いて患部に当ててください。

 

患部を冷やすのはその部位の鎮静効果になります。

 

ハッカ油も冷やすことに有効です。

 

化粧水やローションにハッカ油を数滴混ぜるとスーっと感じて痛みが一時的に収まってきます。

 

もし、身体全体や広範囲に患部が広がっているときはぬるま湯や冷たいシャワーを浴びて、清潔にして冷やしましょう。

 

保湿材を塗る

湿疹は患部が乾燥するとかゆみが増すので、保湿材で皮膚を適度にしっとりさせることが重要です。

 

皮膚に刺激が少ないものを選び、1日に何度か定期的に塗りましょう。

 

しかし、患部がジュクジュクとしてかゆい場合は細菌感染している可能性があるので、保湿材は塗らずに早めに皮膚科に行って診察を受けましょう。

 

抗ヒスタミン薬の服用

あまりにかゆみがひどくて我慢できないときは抗ヒスタミン剤を飲むことも効果があります。

 

ですが、個人の判断で服薬せずに医師の処方に従ったものを服薬する用意にしましょう。

 

花粉によるかゆみの対処法

乾燥などでバリア機能が落ちた肌にアレルギーの原因の一つである花粉が直接肌にくっつくことで皮膚がアレルギー反応を起こし、顔が痒くなってしまうことがあります。

 

花粉によるかゆみに対する対処法は

 

・帰宅したら洗顔して顔についた花粉を落とす

・シソや、青魚などの花粉症に良い食べ物を食べる

・飲み物は抗酸化力の強い緑茶を飲む

・敏感肌用の化粧品に変える

・お通じを良くして身体に溜まった不要なものを排出する

 

以上のことが対策になります。

 

もし外出する際にはマスクやサングラスなどをつけて花粉が顔に付かないようにすることがかゆみを防ぐポイントになります。

スポンサードリンク

化粧品やシャンプーが原因の顔のかゆみの対処法

女性の身だしなみのための化粧品やシャンプーの成分が原因で顔が痒くなる頃があります。

 

化粧品に含まれている成分が肌に合っていないか、クレンジング不足で肌に成分が残ったままになっていることが原因になります、

 

化粧品やシャンプーが原因になっている対処法は

 

・クレンジングでしっかり落とす

・敏感肌用のシャンププーに切り替える

・古い化粧品やシャンプーは使わない

 

ということが重要です。

 

自分の肌に合っているシャンプーを使っているかがかゆみ防止に大切になってきます。

ダニによる顔のかゆみの対処法

顔ダニというものをご存知でしょうか?

 

顔ダニは誰の肌にも生息しています。

 

顔ダニは普段は悪さをしないのですが、肌の過剰な皮脂分泌と新陳代謝の乱れが原因となって顔ダニが以上に増えてしまうと顔のかゆみやニキビの原因になります。

 

顔ダニが原因となる顔のかゆみの対策は

 

・メイクを残したまま就寝しない

・食生活を見直す

・ストレスを溜めすぎない

 

以上のことが対策になります。

 

顔ダニによる顔の湿疹やかゆみの症状は、一見ニキビと勘違いすることが多いのでニキビ用の薬を使ってかえって悪化させることがありますので注意してくださいね

 

まとめ

急な顔のかゆみの応急処置をしていくつか紹介しました。

 

これらの方法はあくまで応急処置なので根本的な治療ではありません。

 

あまりに症状がひどい場合は早めに医療機関を受診しましょう。

 

そして、かゆみが起こったときに掻くことが多いですが、爪で肌を掻くのはやめましょう。

 

肌を傷めるだけでなく、肌の保護機能にダメージを与えてしまうことになりますので注意してくださいね。

 

【あなたにオススメの記事】

  皮膚がヒリヒリ痛い!重大な病気?原因と対策を徹底解説!
  汗による肌荒れ!顔のかゆみなど対策はどうする?
  足の指の皮がむける病気を5つ紹介!原因と治療法を徹底解説!

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ