花粉症の薬で眠くなるのはなぜ?眠くならない薬は?

cat-1041119_1920

 

粉症の薬は、一般的に眠くなると言われています。

 

仕事中や授業中に、あるいは、昼間、家事をしている最中など、

 

活動的な時間帯に眠くなるのはつらいものです。

 

特に車を運転する方や、電車の運転士さんなどは大事故を引き起こす可能性があります。

 

 

また、少しの時間昼間するなら良いですが、長い時間昼寝をすると、夜眠れなくなって生活リズムを崩す恐れがあります。

 

生活リズムを崩すと、花粉症がひどくなる場合があり、本末転倒です。

 

なぜ花粉症がひどくなる可能性があるのか、下の記事も参照してくださいね。

花粉症は突然治ることがある!?

 

この記事では、まず、花粉症の薬で眠くなる理由を紐解いていきましょう。

スポンサードリンク

花粉症が発症!!

花粉症に限ったことではありませんが、アレルギーの原因となる物質が体内に取り込まれると、ヒスタミンが作られます。

 

そのヒスタミンがH1受容体と結合すると、アレルギー症状を引き起こします。

 

花粉症の薬には坑ヒスタミン剤が含まれており、ヒスタミンがH1受容体と結合することを阻止します。

 

なぜ眠くなるのか?眠くなる成分の正体

脳内にあるヒスタミンはアレルギー症状とは関係なく、集中力や判断力、様々な覚醒の維持に役立っています。

 

しかしながら、脳内に移動してしまった1部の坑ヒスタミン剤は、自分の役割を果たすべく、脳内においても、ヒスタミンがH1受容体と結合することを阻止。

 

ヒスタミンくんは役割を果たせず。

 

結果として、集中力や判断力の低下、覚醒の維持が出来なくなり、眠気が襲ってきます。

 

 

花粉症に限らずアレルギー系の薬には、薬品名問わず抗ヒスタミンが含まれています。

 

花粉症の症状を抑えてくれる抗ヒスタミンが眠くなる原因・・・、どうしましょう。。。

 

何か対策は!?

スポンサードリンク

花粉症の薬で眠くならない方法は?

眠くなる原因とその成分はわかりました。

 

でも、肝心なのは、花粉症の症状を抑えつつ、眠くならない方法や対策です。

 

 

どうすればいいのか?

 

 

どうにもできません汗

 

 

以下の記事で副作用について少し触れていますが、

花粉症薬のアレグラが効かない!?

 

 

薬の効果が強くなるにつれて、どうしても副作用が強くなってしまいます。

 

救いの手を差し伸べてくれる人。それは・・・

お医者さんです汗

 

まずは、眠くなることを伝えましょう。

 

眠くなりにくい薬でも各個人の体質などの違いにより、眠くなる人も当然います。

 

お医者さんの判断によりますが、日中は眠くならない少し弱めの薬、夜は眠くなってもよい少し強めの薬といった感じで処方してくれる場合もあります。

 

 

また、花粉症の薬には、世代があり、昔の薬ほど、眠くなりやすいです。

 

花粉症の薬として有名な?アレグラも今となっては少し古めの薬になってきています。

 

最近は、ザイザルという名前の薬を処方される場合があります。

 

私は服用したことがありませんが、効果は強めでアレグラよりも眠くなりにくいようです。

 

しかしながら、ザイザルは市販薬として発売されていません。

 

眠くなりにくい市販の花粉症の薬としてはアレグラFXがおすすめとなってしまいますので、アレグラでも眠くなる人は、病院でザイザルを処方してもらうのがよいかもしれません。

 

しっかり医師と相談しましょう。

 

【あなたにオススメの記事】

  花粉症の薬は市販薬と病院の薬どちらが効く?安いのは?
  花粉症が初めて発症!?症状別の対策方法を徹底解説!
  花粉症と生理の関係性を解説!生理が遅れる?薬の併用は可?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ