子供のインフルエンザの予防接種はなぜ2回必要?間隔は?

flu-shot-1719334_640

 

インフルエンザの予防接種は必要?

もう秋だな~と思い始めた頃、よく耳にする言葉「インフルエンザ」。

 

毎年12月~3月くらいまではインフルエンザが流行する季節です。

 

秋の訪れと共にインフルエンザの予防接種が始まります。

 

皆さんは予防接種を受けていますか?

 

大人でも子供でも、インフルエンザに感染してしまうと、一週間は自宅で安静にしていなければなりません。

 

特に会社員の場合は、職場に迷惑をかけることになる為、絶対に感染したくない病気の一つではないでしょうか。

 

ここではインフルエンザに感染しない為に、予防接種について解説していこうと思います。

スポンサードリンク

大人と子供でどう違う?

インフルエンザの予防接種、大人と子供では何か違いがあるのでしょうか。

 

13歳未満の子供のインフルエンザの予防接種は、2回とされています。

 

大人とは違い、子供は色んなウイルスと関わった経験が無いため、体内で抗体がつくられていないのです。

 

その為、2回予防接種することで、効果を高めています。

 

一方、大人はどうでしょうか。

 

皆さんご存知の通り、大人の予防接種は1回だけですね。

 

でも、絶対に1回だけという決まりはなく、大人であっても2回受けても問題ありません。

 

大人の場合は、外部との関わりがあり、色んなウイルスに対しての経験がある為、抗体が作りやすいと言われています。

 

また、大人で2回予防接種を受けた方は、1回受けた方よりも30%ほど効果があがると言われています。

 

予防接種は2回必要?間隔は?

13歳未満の子供は予防接種を2回受けなければいけないことは説明しましたが、ではその間隔はどのくらいあけるものなのでしょうか。

 

まずは秋頃、10月の終わり~11月の始めに1回予防接種をし、本格的な冬に入る直前、11月の始め~終わり頃に2回目の予防接種を受けることが望ましいとされています。

 

1回めの予防接種から2~4週間あけることになります。

 

もし1回目の予防接種から4週間以上経ってしまっていても、2回受けた方が予防の効果は確実となりますので、子供さんの為にも予防接種は2回必ず受けるようにしましょう。

 

ただし、ここで注意点があります。

 

インフルエンザの予防接種は、37.5度以上の熱がある場合、受けることができない可能性が高いのです。

 

これは既に熱が出ている場合、免疫力が低下している為、予防接種をしても抗体が作りにくい可能性があるからです。

 

抗体が作りにくいと予防接種しても効果が出ません。

 

ですが、予防接種を受けられるかどうかは、各医療機関の医師の判断に委ねられる為、医師の意見に従いましょう。

 

予防接種の料金は?

気になる予防接種の金額ですが、大人の場合は3000円~4000円の間で、子供の場合は2000円~3000円となります。

 

子供は2回予防接種を受ける必要がある為、2回目の予防接種は1回目よりも安く設定されている病院が多いです。

 

また、病院によっては2回目は無料と設定しているところもあるようです。

 

予防接種の料金は、医療機関や市町村によって微妙に差があります。

 

インフルエンザの予防接種は自由診療(保険適用外)の為、各医療機関で自由に金額を設定できます。

 

予防接種は病気では無い為、全額自己負担となるのです。

 

金額が気になる場合は、事前に調べておいた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

とはいえ、いつどこでインフルエンザのウイルスと接触するかわかりませんので、自宅から近い医療機関で、できるだけ早い時期に受けた方がいいでしょう。

 

インフルエンザが発症してしまったら

インフルエンザを発症してしまうと、高熱が出ることが知られていますが、頭痛や悪寒、喉の痛みや間接痛なども伴います。

 

高熱が出ても、人によっては2日ほどで平熱に下がる方もいます。

 

ですが、インフルエンザは感染を防ぐ為に、医療機関でインフルエンザと診断されてから一週間は出勤停止となります。

 

熱が下がったからといって、すぐに会社や学校へ行ってはいけません。

 

熱は下がったとしても、体内にはインフルエンザウイルスが残っているのです。

 

軽い気持ちで外出してしまうと感染を拡大させてしまいます。

 

自分の軽卒な行動で会社に迷惑をかけてしまうことも考えられる為、インフルエンザに感染してしまった場合は、しっかりと休み、栄養のあるものを食べ、健康な身体に戻してから出勤するようにしましょう。

 

予防接種の効果が出るのは、接種後、1~2週間後となります。

 

身体に抗体ができ、それから5ヶ月間程効果が持続すると言われています。

 

過去にはインフルエンザの予防接種を受ける人が多く、在庫がなくなり、受けたくても受けられない人がいる、ということもありました。

 

体力に自信が無い方は、できるだけ早く予防接種を受けるようにしましょう。

 

 

病は気からとも言います。

 

予防接種を受けたことで、身体も見えないバリアをはっているような気分になります。

 

インフルエンザに怯えることなく、ストレスの無い毎日を過ごす為にも予防接種はしっかり受けましょう。

⇒これからが最盛期!インフルエンザ特設ページ

 

【あなたにオススメの記事】

  インフルエンザ陰性なのに薬「リレンザ」は飲むべき?
  インフルエンザの解熱剤!イブプロフェンは禁忌?
  インフルエンザのA型B型、両方同時感染はあり得る!?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ