お尻に出来た粉瘤の原因と治療法を解説!手術するしかない?

statue-748387_640

 

良性腫瘍である粉瘤ですが、身体のどの部分にも発生する可能性があります。

 

その中でもお尻は発生しやすい場所なのです。

 

粉瘤はニキビに似ているので治療が必要なのか分からい人もいらっしゃると思います。

 

今回はお尻にできる粉瘤の原因と治療法も解説していきます。

スポンサードリンク

お尻の粉瘤の症状

粉瘤は皮膚の下にできた袋(嚢胞)に本来は垢となっては剥がれ落ちるはずの古い角質や皮脂の老廃物が溜まり、しこり(腫瘍)となったもので、ドーム状に盛り上がっています。

 

粉瘤と間違えやすい「脂肪腫」はぷよぷよと柔らかいのですが、粉瘤はくりくりと硬いという特徴があります。

 

小さいうちは痛みやかゆみはありませんが、粉瘤の中央部にできることがある黒い点状の開口部(ヘソ)から細菌が侵入すると炎症を起こし、赤く腫れ上がって痛くなります。

 

特にお尻に粉瘤ができた場合は圧迫されることも多く、できた場所によって痛くて座れなくなることもあります。

 

お尻の粉瘤の原因

粉瘤は何らかの原因で皮膚の下に袋ができ、老廃物が溜まってできる腫瘍ですが怪我などによって偶然できる場合もありますが、過半数は突然しこりができます。

 

しこりができる原因は未だにわかっていません。

 

粉瘤は自然に消えることはなく、垢や皮脂が溜まっていくことで徐々に大きくなります。

 

しこりを絞ると脂のような白くて臭いものが出てくることもあります。

 

通常、痛みやかゆみはありませんが炎症を起こすと腫れて赤くなり、痛みが伴うことが多いです。

 

粉瘤は治すべき?

粉瘤は良性の腫瘍で悪性化する可能性がほとんどないため必ずしも治療しなければならないものではありません。

 

ただし、放っておくと細菌がはいって炎症を起こすこともあるので小さいうちに対処しておくのがおすすめです。

 

また、大きくなると治療痕が残ってしまうことが多いので、近年は小さくても摘出することが推奨されています。

 

炎症が起こってしまった場合は、表面の皮膚を切開して膿を外に出し、数日後、炎症が落ち着いたら摘出手術を行うのが一般的です。

 

炎症がある状態で手術を行うと再発の可能性や傷跡が大きくなるリスクがあるため、基本は炎症が治まってから手術を行います。

 

稀に切除してみた腫瘍が別の病気の腫瘍であったり、粉瘤が強大化して癌になったケースも報告されています。

スポンサードリンク

粉瘤の治療ができる病院

触ってわかる粉瘤の治療は皮膚科・外科・形成外科でできます。

 

手術にかかる時間は数十分~1時間以内で受付した即日で解決します。

 

粉瘤は小さければ小さいほど傷跡も小さくて済みます。

 

粉瘤は再発も多いため病院で粉瘤の袋を手術で除去したほうが感染もなく安心です。

 

しかし、粉瘤は大きさによって全て取り除けないこともあります。その場合は数ヵ月後に再手術を勧められるかもしれません。

 

粉瘤の手術費用

手術費用は健康保険の負担割合によって変わりますが、薬や通院を合わせて5千円~2万位になります。

 

平均で数千円ほどなので大きな負担にはならないと思います。

 

粉瘤は良性か悪性か重要なので検査が重要になってきます。

 

悪性の場合は癌である可能性が高いので、加入している医療保険の対象になっていることもありますからしっかり確認しておきましょう。

 

まとめ

お尻に粉瘤は大抵の場合が原因不明で突然、硬いしこりのようなものができます。

 

お尻は立ったり座ったりの繰り返しによる摩擦で擦れ、痛みが出てくすこともあります。

 

また粉瘤は自然に治癒することはなく、何度も再発を繰り返しやすい病気です。

 

感知させるのであれば早めに医療機関に受診し、手術をして切除してもらったほうが傷口も小さくすみ、粉瘤も大きくなることはありません。

 

癌の可能性もありますのでしっかり検査して治療しましょう。

 

【あなたにオススメの記事】

  背中の脂肪腫は手術すべき?原因と正しい治療法を解説!
  手のひらのしこりを押すと痛い原因7つ!悪性?かゆみは?
  耳の下のしこりが痛い原因7つ!リンパが関係?熱や頭痛は?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ