低温やけどの薬はリンデロンが最強?やけど跡は薬で治る?

fire-1406746_640

 

低温やけど・・・激痛ではないものの、痛いですよね。

 

低温やけどと言えば、普通のやけどより症状が軽く感じられますが、そんなことはありません。

 

回復に時間がかかり、重病化してしまうこともある病気です。

 

低温やけどに効く薬として「リンデロン」という薬をよく聞きますが、リンデロンは本当に効果があるのでしょうか。

 

ここではリンデロンの効果について調べてみたいと思います。

スポンサードリンク

リンデロンの効果・本当に最強なのか

今回紹介するリンデロンという薬は、炎症を抑える薬です。

 

成分がステロイドの為、肌に関する病気でよく使用されています。

 

蕁麻疹やアトピーの方に処方されることが多いですが、アトピーなどは非常に強い痒みがつきものです。

 

その痒みを抑えるということだけでも、即効性がある薬として処方されているということがわかります。

 

炎症を抑え、痒みを抑える、ということは、細菌の増殖を抑えるということにも繋がります。

 

軽症のやけどの場合、リンデロンを使用して治療することが多いですが、重症のやけどには使用しません。

 

実は冒頭で記述しました、低温やけどの症状というものは、患部の赤みが濃く、水ぶくれになる症状の時がほどんとです。

 

これは、やけどの深さで表すと「Ⅱ度」という値になります。

 

その為、リンデロンという薬を使う、軽度の症状ではありません。

 

もちろん、水ぶくれできない程度であれば、リンデロンでの治療は最強かもしれません。

 

ですが、水ぶくれができてしまったやけどには、効果がない薬と言えるでしょう。

まずは、やけどの深さに関係なく、「やけどした」と思ったら、すぐに流水で冷やしましょう。

 

しばらく様子を見て、赤みはあるものの、水ぶくれにならなければ、リンデロンを塗って回復を待ちましょう。

 

もし、水ぶくれができてしまったら、やけどの跡が残る可能性もありますので、医療機関を受診するようにしましょう。

 

リンデロンを使用する場合は、水ぶくれができない軽症のやけどの時、ということを覚えておきましょう。

 

やけど跡は薬で治る?

水ぶくれができてしまうようなやけどの場合、治療法によってはやけどの跡が残ってしまうことがあります。

 

では、残ってしまったやけどの跡は薬で治すことができるのでしょうか。

 

やけどというのは、皮膚の損傷です。

 

損傷してしまった皮膚は、修復するまでに時間がかかる為、やけどをしていない皮膚と色が異なってしまうのは当然ともいえます。

 

しかし、見た目も気になるし、どうにかして跡を消したい!と思う方にはドラッグストアなどで販売されている「アットノンジェル」をおすすめします。

 

これは、1~2年経過してしまったやけどの跡にも使用できる優れものです。

 

皮膚科や形成外科で処方してもらえる薬もありますが、そう深刻な跡で無い場合は、試しにこちらを使用してみてはいかがでしょうか。

 

また、薬以外にも効果的な方法があります。

 

それは、ビタミンCを摂取するというものです。

 

ビタミンCには皮膚を再生する力があります。

 

ビタミンCを配合しているローションや、ビタミンCを多く含んでいる食物などを食べ、外から、内から跡を消す方法を試してみましょう。

スポンサードリンク

また、ビタミンCは紫外線にあたるとシミになってしまうことがあります。

 

外出時は紫外線に当たらないよう注意しましょう。

 

低温やけどになってしまったら

低温やけどになってしまったら、まずは流水で15分から30分冷やしましょう。

 

氷水など極端に冷たい水は凍傷になってしまう危険がありますので、流水で処置するようにしましょう。

 

軽度の場合は、前述した「リンデロン」を塗り、様子を見ること。水ぶくれができるほどのやけどの場合は、医療期間を受診するようにしましょう。

 

病院に行くまでは、流水に冷やした後、清潔なガーゼで患部を覆い、細菌が入らないよう注意しましょう。

 

低温やけどにならない為に

ここまで、低温やけどや処置方法について記述してきましたが、まずは低温やけどにならないよう注意することが一番大事です。

 

低温やけどというものは、冬の時期に頻繁に見られます。

 

コタツ、ストーブ、湯たんぽ、ホットカーペット・・・。

 

低い温度で心地よく温めてくれる防寒器具ですが、長時間あたり続けると、皮膚の下の細胞にまで熱が伝わってしまいます。

 

皮膚の下の細胞は血流が少なく、冷やされにくい為、熱が伝わってしまうとやけどになってしまうのです。

 

このように、低温やけどは、通常のやけどより初期症状が出にくく、「低温」ということから、軽症とみられがちですが、通常のやけどよりも深い部分に及んでいるやけどの為、放っておくと重要化しやすい病気です。

 

寒い時期、コタツに入ったまま眠ってしまったり、湯たんぽを身体に密着させたまま眠ってしまったり、ホットカーペットをつけたままその上で眠ってしまったり、貼るカイロを直接肌に貼ってしまったり、そういう経験は誰にでもあると思います。

 

ですが、ちょっとした油断が最悪な事態を招いてしまうことになります。

 

寒い時期は、寝る前に身体や布団をあたため、寝る直前に防寒器具を消すようにしましょう。

 

【関連記事】

  低温やけどで水ぶくれに!放置するべき?破れたらどうする?
  湯たんぽで低温やけどに!どんな症状?処置はどうする?
  湯たんぽで低温やけどに!どんな症状?処置はどうする?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ