濡れマスクの効果を解説!咳、喉の痛み、風邪に効果的?

water-316625_640

 

冬になると風邪をひきやすくなり、風邪の予防や対策を考えないといけない時期になりますね。

 

手洗いやうがい、外出時のマスクをつけるなど様々な予防法や対策があります。

 

その中でも皆さんは「濡れマスク」という方法をご存知ですか?

 

この方法は意外と知らないという方が多いです。

 

もちろん、聞いたことはあるけど、どんな効果があるのかよく知らないという方もいらっしゃると思います。
空気が乾燥してくる冬は朝起きた時、喉に痛みや違和感があったりする経験があると思います。

 

それは喉の奥が乾燥して、ウイルスが侵入・繁殖している可能性があります。

 

そんな喉の乾燥やウイルスから守ってくれるのが「濡れマスク」なのです。
今回は濡れマスクの効果について解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

濡れマスクの効果

濡れマスクの効果を解説する前に、就寝時の喉の状態を軽く説明します。

 

人間は寝るときになると喉の動きが少なくなり、唾液の分泌が少なくなります。

 

唾液にはウイルスの侵入を防いでくれる役割があるのですが、口を開けて寝てしまうと乾燥した空気を口呼吸によって取り込むので口内は乾燥した状態になります。

 

乾燥した状態は、喉を自分で守る能力や免疫力が低下した状態で、ウイルスが繁殖しやすい環境になっているのです。

 

この喉の危険な状態から守ってくれるのが「濡れマスク」です。

 

濡れマスクはつけているだけで喉の乾燥を防いでくれて、免疫力を低下させません。

 

また、アレルギー性の咳の原因であるホコリやハウスダストの吸引をより防いでくれます。

 

体内にある免疫力を活かして風邪の予防や初期症状がひどくならないように抑える効果があります。

 

また、濡れマスクは自然と鼻呼吸を促進してくれて、鼻周辺にある自律神経が円滑に働いて頭痛や花粉症の症状を軽減してくれる効果も期待できます。

 

適度に湿気を含んだ空気が気道に行き渡るようになるので、眠りの質が良くなってすっきりとした目覚めができ、声帯も保護してくれます。

 

濡れマスクの種類

濡れマスクにはいくつかの種類があります。

 

塗布(とふ)タイプという液体を特定の部位に塗って使用するものとフィルタータイプというマスクのポケットに濡れフィルターを装着して使用するものです。

 

塗布タイプ

とにかく薄く、構造が保水体という液体を塗る部分があり、既に形になっているため針金が入っていません。

 

装着しても違和感がないので、装着感にこだわりたい人にオススメです。

 

フィルタータイプ

手軽で寝る前に袋を開けてマスクのポケットに入れるだけなので失敗することがありません。

スポンサードリンク

塗布タイプより広範囲覆っているので、守ってくれる範囲が大きく、保湿効果がしっかりしています。

 

手作り濡れマスク

濡れマスクは上記にある効果もあって近年人気が出てきておりたくさんの濡れマスクが市販されています。

 

しかし、使い捨てで普通のマスクより割高であることが多いです。

 

できれば安価で収めたいという方に自宅で作ることができる濡れマスクの作り方を紹介しますので、参考にしてみてください。

 

1.ガーゼマスク(できれば綿100%)を用意します。

 

2.上3分の1を外側に折ります。

 

3.折った部分を軽く濡らし、水が垂れないようにしっかりと絞ります。

 

4.鼻を覆わないように口だけを覆います。

 

 

以上のように安価で簡単に作ることができます。

 

また、綿マスクならば使ったあとも洗濯すれば何回も使うことができるので、気になった方は試してみてください。

 

まとめ

冬場は乾燥してくるので体調不良を起こしがちです。

 

ですが、濡れマスクを使用することで簡単に風邪の予防ができます。

 

受験を控えていたり、大事な会議があるから風邪を引けないという方はぜひ濡れマスクをして喉の潤いを保って免疫力を下げないようにして未然に風邪を防ぎましょう。

 

【あなたにオススメの記事】

  親知らず抜歯後の臭い苦い汁が気になる!原因と対策を紹介
  口の中に赤いできものが!原因と対処法を5つ徹底解説!
  涙に血が混じる理由を徹底解説!同じ成分?

スポンサードリンク

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ